テナントビル事務所の電子錠の電源が入っていない

電子錠の機能を把握しておきましょう 思わぬトラブルに見舞われます。電気錠や電子錠が、オフィスビルやテナントビルに入居する企業の事務所入り口に広く使われていますが、停電や電池切れの際の動作や緊急開錠の方法を把握していないと、入室出来ない状態になってしまうので気をつけましょう。

取扱い説明書を紛失していなければ、停電や電池切れ時の動作と対応方法を確認しておくことをお勧め致します。

電気錠と電子錠

電気錠は、100V電源を使用してモーターやソレノイドによりデッドボルト(かんぬき)を動かすタイプで、施錠や状態監視のためのモニターなどと一緒に制御盤を持っている製品です。これに対して電池を使用し、制御盤を持たず単独で動作するタイプの錠製品は一般的に電子錠(電池錠 キーレス錠 カードロック テンキーロックなど)と呼ばれています。

事務所入り口電子錠タッチパネルが反応しない

始業時に電子錠が使えずオフィスに入室出来ないとのトラブルの緊急対応事例です。

ご依頼場所
宮城県仙台市
対応時間
受付 9時9分 到着 10時00分  完了 10時40分
トラブル内容
事務所入り口電子錠のタッチパネルが電源が切れた状態で反応しない、非常開錠用の鍵も室内にいれたままでインロック状態になってしまっている。
対応
非常開錠用シリンダーを破壊開錠し、シリンダー交換 U9BH(DZ)を実施致しました
料金
基本出張料 8,000円 作業料金 4,000円 特殊料金 15,000円 部品料金 7,000円 消費税 2,720円 合計 36,720円のご請求となりました。
参考
電池を電源とする電子錠には、電池残量低下時のアラーム機能や万が一の電池切れ時の緊急開錠用に外観では見えない位置に開錠用シリンダーがあります。このシリンダー用の鍵を室内に置いたままにしておきますと、今回の様にインロック状態になる場合がありますので気をつけましょう。
また、製品によっては、電池切れの際に外部から臨時に補助用の電池を接続できるタイプもありますのであらかじめご確認しておくことをお勧め致します。
MIWA U9 DZシリンダー
MIWA U9DZシリンダーは、セキュリティの関係から廃盤となったU9 BHの後継シリンダーになります。U9DZシリンダーの性能は、耐ピッキング性能:10分以上 耐鍵穴壊し性能:グレード1(5分未満)でCP認定錠ではありません。
電子錠は、ほとんどの製品がオートロック(自動施錠機能)を持っています。電子錠を使用している賃貸マンションへの新規入居者から、時々自動施錠機能によって締め出されたとのご連絡を頂くこともあります。電子錠や電気錠は、機能の設定状態をよく把握して使用しましょう。

鍵開け 鍵トラブル 全国 即日緊急対応