起こってしまってからでは負担は大きい

空き巣に注意

事故にしても犯罪にしても起こってしまってから後悔しても、被害にあった側の負担は大きいものです。

空き巣被害にあい火災保険で盗難にあった家財や所有物に保険金が支払われたとしても、荒らされた部屋のかたずけや警察への被害届けの提出から保険金支払いまでの手続き、被害への恐怖など肉体的・精神的な負担は目に見えないものがあります。

その意味では、空き巣被害は、起こってしまってからは遅いと考えておいたほうが良いと考えます。

そのためには、空き巣の侵入手口や侵入箇所、侵入時間を知ることが第一歩になります。

警視庁 平成28年中の侵入窃盗の傾向の引用と防犯対策

警視庁ホームページ上に平成28年中の侵入窃盗の傾向がとして整理されておりますので一部引用いたします。

侵入口

住宅対象侵入窃盗は縁側、ベランダ、居室等の窓からの侵入が59.5パーセントと多くなっています。
玄関等の出入口からの侵入については40.4パーセントとなっています。
引用 : 警視庁ホームページ http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kurashi/higai/akisu/ppiking_house.html

玄関などの出入り口とともに窓からの侵入も割合が高く、従来の玄関への施錠対策とともに窓への防犯対策を行う必要があることがわかります。

空き巣の侵入手段

警視庁統計では、侵入窃盗のを空き巣 忍込み 居空きに分けています。

  • 空き巣 : 留守中に家屋へ侵入し、金品を盗む行為です。
  • 忍び込み : 就寝時に家屋に侵入し、金品を盗む行為です。
  • 居空き : 在宅中に家屋へ浸入し、金品を窃盗することです。

空き巣の侵入手段は、一戸建住宅では「ガラス破り」が、中高層住宅、その他の住宅では「無締り」が多くなっています。引用 : 警視庁ホームページ http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kurashi/higai/akisu/ppiking_house.html

侵入手段から見ると玄関などの出入り口の防犯を考えることに加え、窓ガラス強度を高めること、戸締りに関する意識の徹底が必要なことがわかります。

忍び込みの侵入手段

忍込みの侵入手段は、一戸建住宅、中高層住宅、その他の住宅すべてで「無締り」が多くなっています。引用 : 警視庁ホームページ http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kurashi/higai/akisu/ppiking_house.html

忍び込みは就寝中の侵入ですから、侵入されると物的被害の他に人的な危険にも晒される場合があります。就寝中でも施錠する意識の徹底が被害を防ぎます。

居空きの侵入手段

居空きの侵入手段でも、一戸建住宅、中高層住宅、その他の住宅すべてで「無締り」が多くなっています。引用 : 警視庁ホームページ http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kurashi/higai/akisu/ppiking_house.html

在宅でくつろいでいる際の侵入も手段も無施錠の割合が最多です。忍び込み同様に、施錠する意識の徹底が必要となってきます。

セキュリティ対策

施錠意識の徹底

空き巣 忍込み 居空きの侵入窃盗すべてにいえることは、「無締り」状態からの侵入手段が多いということです。

中高層住宅でも、ベランダからの侵入は無いだろうと油断しない意識が必要となります。

また、近所への短時間の外出や就寝時、在宅でくつろいでいる際の施錠習慣など、ほんの少しの意識改革が必要と考えられます。

一戸建て住宅での防犯対策

窓からの侵入

窓ガラスの防犯対策としては、中間膜を2枚の板ガラスで挟んだ合わせガラスタイプの防犯ガラスの使用が挙げられますが、費用面から現実的な選択肢は防犯フィルムです。

また、掃き出し窓のクレセント錠は、鍵付きタイプと取り替えたり、クレセントカバーを取り付けることで防犯性は高まります。

さらに防犯性を高めるには、サッシ窓への補助上の追加も手軽にできる対策です。取り付けもサッシ溝にかませて固定するタイプや窓に貼り付けるタイプ、アラームが鳴動するタイプがあり手軽に防犯対策が行えます。

玄関での防犯対策

玄関の防犯対策としては、ピッキングやドリリングなどの不正侵入に強いシリンダーへの交換やワンドアツーロック化、補助錠の追加が挙げられます。

さらに、バールでのこじ破り対策として、ドアとドア枠の隙間を無くすドアプレートの設置もお勧めです。

マンション玄関ドアのように、ドアスコープがある場合は、外部から取り外しができず未使用時にはカバーをすることができる防犯サムターンの取り付けやストーカー対策としてはワイヤレスカメラによる録画機器も販売されています。

インターホンも玄関ドアの電気錠と連動したカメラ付きインターホンに取り換えることで、さらにセキュリティは高まります。

その他の防犯対策

防犯カメラ

戸建て住宅の場合、歩くと音の出る防犯砂利を自宅の周囲に敷き詰めることが音の効果以外にも、空き巣に心理的な影響を与えます。

玄関をはじめ庭に、人感センサーライトを設置したり、防犯カメラの設置や同タイプのダミーカメラの設置が有効的と言われています。

以上、一度にすべてといかないまでも、気が付いたところのセキュリティを徐々に上げていくことで、家やお部屋全体のセキュリティを向上させ不正侵入を起こる前に防ぎましょう。