入りにくくなった! いつもひっかかる玄関の鍵をスムーズに入れるには

鍵がはいらなくなったわ長く使っている玄関の鍵がスムーズに入りにくくなったり 途中で引っかかって入らなくなることはありませんか?

そのまま使っていると、今度は入ったまま回らなくなってしまったり、抜けなくなってしまったりしまう場合もあります。

そんな時は、どうなるのでしょうか?

  • 施錠が出来ても、鍵をさしたままにして外出することはできません。
  • 鍵が回らず施錠してない状態のまま、鍵が鍵穴にささったままでは、なおさら外出できません。
  • 修理が終わるまで家から離れられなくなります。

鍵を鍵穴に入れる際に、途中でひっかっかりスムーズに入らない。

いつも同じところでいったんひっかかる。

このまま使うと鍵が壊れる場合があります。

壊れる前にできることもあります。

鍵(キー)自体の問題はありませんか

鍵はかけたり曲がったり汚れていませんか鍵の表面に汚れが付着していたり、鍵の変形、端が欠けていたりしていませんか?その場合は、スペアキーがあれば、スペアキーで症状が改善するか確認してみましょう。

※スペアキーが無い場合は、鍵屋さんに純正キーの注文をしましょう。(スタンダードなギザ形状の鍵なら、鍵に刻印されている鍵番号から注文が可能です。)

鍵(キー)に問題がなかったり、スペアキーでも同じ症状なら、次の原因が考えられます。

鍵穴の中の部品がスムーズに動いていない

鍵穴(シリンダー)の中には、小さなバネやピン、ディスクなどがたくさん入っています。

この部品がスムーズに動ける状態だと鍵はスムーズに入れたり出したりできて、鍵もスムーズに回ります。

この部品がスムーズに動けない状態になると鍵(キー)は、その場所でひっかっかるようになりますし、全体的に動きが悪くなるとひっかっかりながら入っていくことになります。

スムーズに動かない原因は汚れによる摩擦の増加で部品がうまく動けなくなっているためです

ディスクタンブラーシリンダーの中のバネやピン、ディスク(※)の動きが悪くなる原因のほとんどは汚れにあります。まれに、部品の破損が原因の場合もありますが、鍵の耐用年数から見て件数は多くはありません。※ シリンダー内のピンやディスクのことをタンブラーといいます。

汚れた鍵を使いつづけていくうちに、表面についた汚れや、外部からの埃が蓄積してピンやディスクが動くときの摩擦が大きくなり動きが悪くなります。

シリンダー内の摩擦を減らしてスムーズにする方法

シリンダー内の部品が動く際の摩擦を減らす方法には、2つの方法があります。

鉛筆を使う

鉛筆に含まれる黒鉛が摩擦を減らします鍵の表面をきれいに拭いてから、鍵山の凸凹や表面の穴を2Bなどの柔らかい鉛筆の芯でなぞり、そのキーを鍵穴に出し入れする。

これで、鉛筆の芯に使われている黒鉛がシリンダー内の部品に付着し、摩擦を減らし動きを滑らかになります。

劇的な効果が期待できます。

※柔らかい鉛筆を使用するのは、黒鉛の配合割合が高い為です。あまり柔らかい鉛筆を使うと結構汚れますので、2B程度が適当です。

鍵専用の潤滑剤を使う

ホームセンターなどでは、鍵専用の潤滑剤が売られています。

※摩擦を減らすといってもCRCなどのシリコンオイルや鉱物油を主成分とする製品ではありません。必ず鍵専用の潤滑剤を使ってください。

鍵専用の潤滑剤は、オイルではなく微粒子のパウダースプレーです。この微粒子が鉛筆使用時の黒鉛と同じ働きをします。

回復しない場合

以上の手順でも、回復しない場合は、夜間や深夜での突然のトラブルを避けるためにも、早めの鍵交換(シリンダー交換)をお勧め致します。

鍵交換に確かな技術で24時間対応します