シリンダー錠 タンブラーに関する説明

シリンダー錠内でシリンダーの回転をロックする障害物として作動する部品

タンブラー

タンブラーとは、シリンダー錠において、シリンダー内に有り鍵が挿入されていない状態で、鍵が回らない様にロックしている障害物のことです。
鍵が挿入されることによりロックが外れる位置(内部と外部シリンダーが回転出来る位置)に移動します。
これによって鍵の内筒と外筒の間の障害物がなくなり、回せる状態となります。
タンブラーの形状により、ピンタンブラーディスクタンブラーに大別されます。

ピンタンブラー錠 :
ピンタンブラータンブラーがピン形状をしている鍵のことです。
ピンは上ピン(トップピン)、下ピン(ボトムピン)に分かれており、鍵を差し込むことで、トップピンとボトムピンがシリンダーと外枠部分に揃うことで鍵が回るようになります。ディンプルキー(*)もピンシリンダーに分類されます。
【イメージ図1】
(*)ディンプルキーは、鍵の表面にある小穴(ディンプル)にピンタンブラーが1対1で対応しており(ダミーディンプルの有る場合もあります。)、ディンプルの位置や数、ディンプルに対するピンの角度により多くのピンタンブラーが使用できるため、非常に鍵違い数の多い防犯性の高い鍵となっています。
ディスクタンブラー錠 :
ディスクタンブラータンブラーがディスク(板)状をしている鍵のことです。
鍵を差し込むことで、ディスクタンブラーがシリンダー内側に収納されることにより鍵が回るようになります。 ダブルディスクタンブラー、ロータリーディスクタンブラーなどの種類が有ります。
【イメージ図2】
ロータリーディスクタンブラー錠としては、MIWA U9が代表的な鍵です。
MIWA U9のロック機構は、ロータリーディスクタンブラーとロッキングレバー(回転をロックしている部品)が組み合わされた機構となっており、鍵を挿入することにより、ロータリーディスクタンブラーがロッキングレバーを収納できる位置に整列することで回せる状態となります。ピッキングを試みても直接ロッキングバーを操作することが出来ないので、耐ピッキング性能が向上しています。
下記の動画は、鍵を挿入することにより、ロータリーディスクタンブラーが整列し、ロッキングバーが収納される動きを現しています。

【全国 24時間対応の鍵屋 鍵当番24受付センター 050-2018-0637 】

【図1】 【図2】
ピンタンブラー錠 ディスクタンブラー錠

【お困りならお気軽にお電話ください  鍵当番24受付センター 050-2018-0637 】

クレジットカードがご使用になれます
鍵取り替え 鍵交換もお任せ下さい