鉛筆に使用されている黒鉛が鍵のすべりを改善します

鉛筆の使用で鍵がスムーズに抜き差しできます

鍵が抜けにくい/入りにくい場合は”鉛筆”が有効です

鍵が不調となる原因

鍵を長期に使用していると、鍵を挿入する際に「つっかかる」様になったり、鍵を抜き取る際もなかなか抜けない状態となったりします。
この様な状態は、鍵のシリンダー内につまったホコリの蓄積が原因であったり、シリンダー内部のタンブラーと呼ばれる部品の動きが悪くなっていたりする場合がほとんどです。
このままの状態で使用していると、シリンダーに無理な力が加わり鍵のシリンダーの破損や鍵折れ、鍵のゆがみの原因につながります。

鉛筆に使用されている黒鉛が鍵のすべりを改善します

鉛筆に含まれる黒鉛は、柔らかくて潤滑性がある鉱物ですのでシリンダーの精密な部品間の摩擦を低減しすべりをよくします。

使用方法

鉛筆に含まれる黒鉛が潤滑剤となります鍵自身を乾いた柔らかい布などで清掃しきれいな状態にした後、鍵のギザギザ、溝を鉛筆でなぞったり、予め鉛筆の芯をナイフなどでけずって粉状にしたものをふりかけたりします。
また、付着する黒鉛が多すぎる場合は、乾いた布でふき取ってください。
鍵穴のほうも出来れば、掃除機などで出来るだけ汚れを吸い取ってください。

効果

シリンダー自体に問題がなければ、見違えるようにスムーズな操作感覚になります。
これでも、鍵の調子が改善しない場合は、キー自体のゆがみや表面の傷、シリンダー内部の汚れや劣化、破損が考えられますので、部品交換が必要となる可能性があります。
鍵交換の際は、お気軽に鍵当番24受付センターまでお問い合わせください。

業務上、どうしても鍵交換を行いたくない場合など、シリンダーの分解洗浄で回復する場合も有りますので、お困りの際はお問合せ下さい。
(シリンダー内部が破損している場合は、回復できない場合もあります。また、高い技術と時間を要する作業ですので、受付センターと費用、作業日などよくご相談ください。)

【鍵開け 鍵交換 鍵作成に迅速対応の鍵屋 鍵当番24受付センター 050-2018-0637 】

交換用鍵シリンダーの交換作業もおまかせください
24時間いつでもつながる安心を提供致します
24時間いつでも受付 確かな技術と安心サービスを提供致します!