HOME鍵が折れてしまった>鍵折れの原因事例





鍵先端部の破損 鍵折れ

鍵折れの原因

荷物を持っての鍵操作は危険です帰宅時に玄関ドアを開ける場合など、どうしても多くの荷物を持ったまま鍵を開けようとしてしまいます。

このとき、鍵穴に鍵を全部または一部入れた状態で、荷物のバランスが崩れてしまうと、鍵に無理な力がかかり鍵が折れてしまう場合があります。

(左図の場合、下向きに矢印の力が鍵にかかってしまっています。

とくに、純正キー以外の合鍵は、純正の鍵に比べ強度が落ちるので注意が必要です。

折れた鍵の残りの部分が鍵穴に残ってしまう場合も...

折れた鍵が、鍵穴に残らず外に飛び散った場合は良いのですが、鍵穴(シリンダー)内に残留してしまい自分で取りきれない場合もあります。こうなると、合鍵も挿入出来ず鍵自体が使用できなくなってしまいます。

この場合は、鍵屋で対応可能です。
鍵を操作する場合は、荷物などをもたず操作することをお勧め致します。

折れた鍵の実際

鍵折れの実際左記の写真は、実際の折れた鍵です。

帰宅時に荷物を肩にかけた状態で鍵穴に鍵を少し挿入したところで、荷物が肩からずり落ちたとのことでした。

この際に、鍵に下向きの無理な力が加わったため、鍵の先端部が折れたとのことです。

鍵穴(シリンダー)内に折れた鍵が残留しておりましたが、鍵穴の入り口に残留しておりましたので”ようじ”でそっとかき出すことができたとのことでした。
鍵は、意外と簡単に折れてしまいます。

特に、経年劣化した鍵やホームセンターで作成した鍵でも注意です。

鍵は慎重に操作しましょう。

鍵穴に残留した折れ鍵を自分で取れる?

鍵穴に残留している折れた鍵を取り除く方法として良く取られるのが、細い針金の先に瞬間接着剤を極少量付着させ鍵穴へ挿入し折れた鍵の残存部分を取り出す方法です。

これは、うまくいけば問題ないのですが、瞬間接着剤がシリンダーの側面に付着してしまうと鍵が使えなくなる場合も有ります。(ご自分でTRYする場合は、自己責任でお願い致します)

【鍵屋では】

鍵屋では、取り出し工具を使用したり、シリンダーを分解することで折れた鍵の残留部分を取り出します。

お急ぎ、お困りの際は、お気軽にお問い合わせください。

鍵折れや鍵穴に残留した鍵の取り除きから合鍵作成まで緊急対応

深夜 早朝も含め24時間、鍵折れ、鍵折れ残留などの鍵のトラブルに対応致します。

お気軽に鍵当番24受付センターまでお問い合わせください。

鍵折れ 鍵の抜き取り 緊急対応】をご参照ください。

【鍵折れ 鍵取り除きに迅速対応の鍵屋 鍵当番24受付センター 050-2018-0637 】

■2015/09/06更新■

鍵折れ シリンダー内鍵の残留に24時間迅速対応致します

鍵折れ 鍵穴への折れ鍵残留 鍵穴への異物混入など鍵のトラブルに迅速対応