キーが鍵穴の途中までしか入らない

キーが鍵穴の途中までしか入らない

キーが鍵穴(シリンダー)の途中までしか入らない場合があります。
キーが途中までしか入らない場合は、シリンダー内のタンブラー(ピンタンブラーやディスクタンブラー)が、開錠位置に整列できないので鍵を回すことはできません。
このような状態の原因として考えられることは、大きく分けると以下の3つになります。

鍵が途中までしか入らない状態

キー表面や形状の問題

キーをキーホルダーやキーケースに入れず露出した状態でキーリングに取り付けて持ち歩いていると、落とした際に傷がついたりキー表面に汚れが蓄積していきます。
キー表面の汚れは、シリンダー内部を汚しスプリングの動きが悪くなりタンブラーがスムーズに動けない状態につながります。
タンブラーの動きが悪くなると、キーの挿入や抜き取りが固く感じるようになります。

このタイミングで、キーの表面をウェスなどできれいにし2B程度の柔らかい鉛筆でなぞったり(黒鉛を付着させる)、鍵穴(シリンダー)に鍵専用潤滑剤(パウダースプレー)を噴射しておくと症状が改善します。
しかし、この状態のままで使い続けるとタンブラーの動きが極端に悪くなり、最悪の場合キーを挿入しても固くて動けなくなったタンブラーに当たりキーが鍵穴の途中で引っかかり入らない状態になります。

また、長期間使用した鍵は、もろくなっており無理な力がかかると先端部分や鍵山が折れて破損します。
特にホームセンターなどで複製した合鍵は材質が純正キーより弱くコピー精度も低いため欠けたり折れたりしやすくなっています。
この場合、気づかずに使用するとキーがシリンダー内部で引っかかった状態になり無理に挿入すると、抜けなくなります。

シリンダー内部の異物の問題

鍵穴にキーをさす場合、キーに付着した異物を一緒に挿入してしまう場合があります。
キーをティシュやレシートと一緒にポケットや鞄の中にいれて持ち歩いている場合、キー挿入時にレシートやティッシュ片を鍵穴奥に押し込んでしまう場合があります。
鍵穴奥に詰め込まれてしまった異物は、鍵穴が狭くて奥が暗いこともあり、気づきにくい状態になります。
この場合は、途中までしか入らないというより自分では完全に入れたつもりが、キーが最後まで入りきらず浮いている状態になっています。
鍵が完全に入っていない状態のため鍵穴(シリンダー)は回りません。

シリンダーの劣化や破損

シリンダー内部は、キー挿入時に稼働する細かく精密な部品(タンブラーやスプリング、クリックボール)を使用しているため摩耗や劣化が進行します。当然、耐用年数があり、耐用年数近くなると可動部分に遊び(ずれ)が生じてきます。シリンダー背面のテールピースに摩耗や緩みが生じてくると、シリンダーの内筒と外筒にズレが生じてくるためキーの挿入が固くなってきます。
この状態で使用を続けるとシリンダー内部の部品が破損しキー挿入時に鍵穴の途中までしか入らない状態となります。

摩耗したシリンダーテールピース

予防するには

どんなことにでもいえますが、良好な状態で長く使おうと考えるならば、定期的なメンテナンスと正しい使用が必要だということです。

鍵に関しては、

  • キーを定期的に清掃し汚れがついていない状態で使用する。
  • 鍵穴(シリンダー)に関しては、エアーダスターを鍵穴に噴射し掃除機で汚れを吸い取る。
  • 使用時に今までと違う違和感を感じたら、早めに鍵穴専用潤滑剤を使用して鍵がスムーズに使えるようにしておく。
  • サムターンやキーを使用するときは、無理な力を加えないということに気をつける。

などが鍵を長持ちさせることに有効です。