車の鍵の電池交換

リモコンキー インテリジェントキーの電池交換は自分でも出来ます

車の鍵の電池交換

リモコンキーの反応が悪い時は、鍵内部の電池消耗の可能性があります

鍵の内部のボタン電池を交換することで改善することがほとんどです。

リモコンキーやキーレスエントリーキーの反応が悪くなったり反応しなくなった場合や車の電池切れ警告が表示された場合などは、鍵内部のボタン(コイン)電池が消耗している可能性があります。
一般的な鍵では、精密ドライバーで鍵のカバーを開け、内部のボタン(コイン)電池(CRxxxx)を交換することで現象は改善します。通常は、自分で交換ができる作業です。
(CRxxxx電池の価格は、数百円程度です。)
鍵の種類(車種)によっては、鍵のカバーの開け方が複雑なものも有ります。鍵のカバーの開け方が車の取り扱い説明書に記載されているものもありますので確認してみましょう。
(車の説明書の質問は、購入先ディーラーとなります。また、各購入先ディーラーも、通常は電池交換を安価で対応しています。)

ボタン(コイン)電池を交換が出来ない、交換しても状況が改善しない場合は、鍵トラブルの可能性が有ります。

【車の鍵トラブルに迅速対応の鍵屋 鍵当番24受付センター 050-2018-0637

【スズキ スイフト 鍵内部のボタン電池交換 事例】
スズキ スイフト 鍵全体 ネジをドライバーで外し、外部カバーを開きます。
外部のカバーが外れると、更に内部にリモコン部分の基盤と電池が収められた内部カバーが有ります。
リモコン部分を取り除いた鍵 内部のカバー部分を取り外すと、外部カバーのみ残ります。
取り外されてモコン部分 内部カバーのみの形状は左記の通りです。
分解されたリモコン部分とボタン電池 内部カバー側面にある溝にマイナスドライバーを挿入し、カバーをこじ開けると、基盤部分と電池が取り付けられている部分に分かれます。
ボタン電池の型番CRXXXXを確認し、+-を間違えずに交換します。
後は、分解と逆の手順で組み立てます

【車の鍵トラブルに迅速対応の鍵屋 鍵当番24受付センター 050-2018-0637

【ホンダ ライフ 鍵内部のボタン電池交換 事例】
ホンダ リモコンキー全体 リモコンキーカバー側面にある溝にマイナスドライバーを挿入し、カバーをこじ開けると、基盤部分と電池が取り付けられている部分に分かれます。
リモコンキー基盤部分 基盤部分が取り付けられているカバーです。
リモンキー電池部分 ボタン電池が取り付けられているカバーです。
ボタン電池の型番CRXXXXを確認し、+-を間違えずに交換します。
後は、分解と逆の手順で組み立てます
CR2032ボタン電池 上記交換事例では、ボタン電池は型式CR2032が使用されていました。

上記交換は電池交換の一例です。実際に電池交換される場合は、自己責任になりますのでお車に付属している整備マニュアルを参照の上慎重に作業することをお勧め致します。
なお、ボタン電池は、お近くのコンビニ、電気店、ホームセンター、インターネット(楽天市場など)で購入可能です。

スマートキー・インテリジェントキーの電池交換例は、【スマートキーの構造】をご参照ください。

鍵紛失時の鍵穴からの鍵作成も可能です! 鍵当番24受付センター 050-2018-0637


クレジットカードでのお支払いも可能です

車の鍵作成などの料金詳細は【サービス/料金一覧】をご覧ください。
車の鍵開け、キー閉じ込め(インロック)開錠は、【車の鍵トラブル対応】をご覧ください。