イモビカッターに注意しましょう
車の盗難防止用のイモビライザーを解除する装置(イモビカッター)

短時間でデーターを書き換えし、イモビライザー搭載車を盗難 | イモビカッター

イモビカッター

イモビライザーは、鍵の中に収められた電子チップに書き込まれている固有のコードと、車両内のECU(エンジンコントロールユニット)に書き込まれている固有のコードを照合し、一致することを確認の上、エンジン始動を行う盗難防止用のシステムです。
イモビカッターとは、車両側ECU内の固有のコードをリセットし改ざんしてしまう装置のことです。

イモビカッター仕組み

イモビカッターの取り締まり

イモビライザー機能を搭載する高級車(セルシオ、クラウン、レクサス、プリウスなど)の盗難が多発したため、現在は、イモビカッターの所持や売買に規制が有ります。イモビライザー搭載車であっても車の保管には気を付ける必要があります。

【鍵屋 鍵当番24受付センター 050-2018-0637 イモビラーザーキー紛失や鍵作成に対応】

愛知県 イモビカッター所持の取り締まり 規制案

2013年2月13日に愛知県では、業務上の使用や正当な理由が無い場合に、イモビカッターを所持することへの罰則を含めた規制案がまとめられました。同年の7月1日から施行されています。
罰則としては、「イモビカッター」「イモビライザテスター」の所持を違反要件とし、違反の場合は、1年以下の懲役又は50万円以下の罰金となります。

また、愛知県以外でも茨城県において多発する車の盗難対応の為、『イモビ解除器 包括規制』法案が施行されることになりました。

【イモビカッター所持違反やネット販売で逮捕者も】

東京都でイモビカッターをネット販売していたとして窃盗幇助の疑いで男性1名が逮捕されました。
(2011年6月9日)

愛知県でプリウスの盗難事件に絡みイモビカッターを所持していたとして男性2名が逮捕されました。
(2014年9月22日)

茨城県で「イモビカッター」の譲渡の容疑で逮捕された男性もいます。
(2014年10月23日)

プリウス盗難の新たな手口イモビライザー本体の積み替え


盗難台数第1位をひた走るプリウスで、2017年8月に入ってからまた新たな盗難の手口が報道されています。(出典:Yahooニュース 朝日新聞デジタル)
イモビライザーシステム(盗難防止システム)の搭載でセキュリティが強固なはずが、イモビカッターの様に今回もイモビライザーシステムを標的にした方法です。

イモビライザーシステムを搭載する車では、スマートキー(メーカーにより呼称は異なります)が持つ固有のIDを受信し車体のIDと照合してエンジン始動を制御する車載コンピューター(ECU)が搭載されています。

イモビカッターでは、このECUのチェック機能を無効化する手段を取りましたが、今回の盗難方法は、このECUそのものをあらかじめ所有するキーの情報を保持したECUと取り換えエンジンスタートを行う手口です。

ECU 積み替えでのプリウス盗難

ツイッターでも拡散されています

イモビライザーキー作成もお問い合わせください
鍵屋 全国24時間受付

イモビライザーキーの鍵紛失対応、鍵作成に現場で対応が可能です。