外出時の施錠忘れに注意しましょう
外出先での鍵の閉め忘れ注意

施錠を忘れないための基本は、鍵保管場所決め、プラス1の動作です。

玄関からの不正侵入の3割は、未施錠状態からの侵入です

車で出発したり、電車に乗ってしばらくしてから、「あれ!玄関のドアを施錠してきたかな?」と不安になる場合が多々あります。もう一度戻って、確認するには時間が足りない場合などそのままにしておく場合もありますが、もし、施錠忘れであった場合、空き巣やドロボーにはいられる可能性が高くなります。空き巣やドロボーの侵入割合の30%は施錠されていない玄関からといわれています。

わずかな時間のゴミ出し時の未施錠や、ご自宅前での洗車時の未施錠状態も危険です。不正な侵入は、わずかな時間も見のがしません。

施錠確認の習慣を身につけましょう

鍵の保管場所を決める
自宅内や外出時のかぎの保管場を決め、ちょっとしたタイミングで確認するようにしましょう。
自宅内で鍵の保管場(玄関先の目に見える場所に鍵ケースを置くなど)を設けることにより、外出時の鍵かけ忘れが防止できる可能性が高くなります。
●施錠後の確認の習慣化●
慌てて外出するとどうしても施錠の記憶が薄くなりますが、鍵をかけたあとの施錠確認(ドアノブやドアレバーの確認)を普段から習慣化することで、安心して外出できるようになります。
また、更に施錠後、”指さし確認”を行うことで、施錠した記憶がはっきりと残ります。

施錠忘れ防止グッズの使用

鍵の施錠忘れを防止するために、様々なグッズが販売されています。念を入れる場合は、ご検討されても良いのではないでしょうか?

なお、下記に掲載されております商品に関しましての使用方法などのお問い合わせは、購入先の各ネットショップへ行って頂きます様にお願い申し上げます。

【楽天市場へのリンクとなっています】
★美和ロックCheckey★ ★鍵交換用シリンダーと表示セット★
★かけたよチャイム★

 補助錠の追加やドアスコープ、窓の防犯対策をお考えの際はお気軽にお問合せください。

【迅速対応の鍵屋 鍵当番24受付センター 050-2018-0637 】

鍵の閉め忘れに注意しましょう
防犯対策など鍵でおこまりの際はお電話ください

防犯対策などの料金詳細は【サービス/料金一覧】をご覧ください